本当は怖い高血圧の合併症

高血圧は気が付くのが遅れてしまうと色々な合併症を引き起こしている可能性がある怖い病気なんです。

血圧計で測る女性

高血圧は一生治らないの?

高血圧とは、血圧が正常な範囲よりも高く維持されている状態を言います。
収縮期血圧が140mmHg以上、もしくは拡張期血圧が90mmHg以上だと高血圧に該当します。
ただし、運動をした時や緊張している時にも血圧は上がりますが、これは一時的なものであって高血圧には入らないです。
あくまでも高い血圧がずっと維持されている事が、高血圧である条件になります。

高血圧自体は大きな自覚症状が無いので、日頃から血圧を測っていないと気付くのが遅れる場合もあります。
また、高血圧は動脈硬化になるリスクが高く、その結果として脳卒中や心不全等の合併症が起きる可能性があります。

高血圧の治療はまずは食事療法や運動療法といった療法が行われます。
食事療法では食塩や飲酒の摂取制限や、積極的なカリウムの摂取といった方法が行われます。
運動療法は専門家が作った、それぞれの状態に合わせた運動プログラムを行う事になります。

そして、これらの療法を一定期間続けても改善が見られない場合には、薬物療法が行われます。
この時に使われる薬は主に降圧薬と呼ばれる薬で、その名の通りに血圧を下げる働きをします。

高血圧は一生治らないのかと心配される方もいらっしゃいますが、医師等の専門家の指導の下で治療をすれば血圧を下げる事は充分に可能です。
大切なのは本人の地道な努力です。