本当は怖い高血圧の合併症

高血圧は気が付くのが遅れてしまうと色々な合併症を引き起こしている可能性がある怖い病気なんです。

血圧計で測る女性

高血圧による死亡リスクを軽減させる予防の食べ物

年齢を重ねて中高年と呼ばれる年代に差し掛かると、身体のさまざまなところに不具合を生じるようになってしまいがちです。なかでも日常の食生活の乱れや運動不足による肥満などは高血圧を引き起こす原因となってしまいます。
血圧とは、心臓から血液が押し出される際に血管に掛かる圧力のことですが、高血圧になってしまった場合には常に欠陥に対して強い圧力が掛かり続けることになるため、血管の老化が進んでしまい動脈が硬化する原因となります。
この動脈硬化はただ単に血管の柔軟性が失われてしまうだけではなく、血管の老化によって心臓疾患や脳疾患を引き起こすことにつながってしまい、これらの疾患は適切に時期に適切な治療を行わないままでいた場合には死亡に至ってしまうこともあります。
そのため、高血圧による合併症、死亡を引き起こさないようにするには、普段の生活習慣や食生活を見直すことが大事になってきます。特に食生活の見直しは非常に重要で、塩分を控えめにしたり、高血圧の予防の食べ物などを積極的に食べるようにすることが死亡のリスクを大幅に軽減させることにつながります。
高血圧の予防の食べ物として特に重要なのが肉類や魚類で、これが不足してしまった場合には血管の柔軟性がなくなってしまい高血圧の原因となります。さらに予防の食べ物としては野菜類があります。野菜類にはさまざまな栄養素が含まれていますが、血液中のナトリウムの排出を促進するにはカリウムの豊富な野菜を積極的に摂取することを心掛けるようにしましょう。また、ゴマや小松菜などには血管を拡げる作用のあるマグネシウムが豊富に含まれているので、普段の食事に上手に取り入れておくようにしましょう。