本当は怖い高血圧の合併症

高血圧は気が付くのが遅れてしまうと色々な合併症を引き起こしている可能性がある怖い病気なんです。

血圧計で測る女性

脳梗塞の前兆と予防

脳には脳梗塞と言いましてなんらかの原因で脳の血管が詰まってしまって血液や酸素が脳の一部に供給できなくなり部分的に壊死してしまう非常に恐ろしい病気です。
脳梗塞になってしまったらとにかく早期発見して適切な治療を受ける必要がありますが、前兆の症状についてまずは説明します。
症状としては手足のしびれ、言語障害、頭がふらふらする、頭痛などの症状があります。
1つ1つの症状は別に珍しくない症状ですし、特に頭痛に限って言えば比較的誰もが経験している症状ですのでなかなか自分で判断できない事が多いです。
しかし、複数の症状が現れたら脳梗塞の疑いが強くなりますのですぐに病院に行くようにします。
次に予防になってきますけど、まず脳梗塞のリスクとしては高齢、タバコ、糖尿病、高血圧、動脈硬化、肥満などが上げられます。
ですのでこれらをまずは改善したり、ならないようにしなければならないです。
高齢というのは仕方がない事ですけど、タバコを吸っていたらやめるようにしたり、肥満ならダイエットしたりします。
既に動脈硬化や高血圧など関係のある病気になっている人は定期的に検査を受けるようにします。
そうすることで早期発見する事ができて、自分にとってプラスになります。